弁護士紹介

Kanami Okada

弁護士

岡田 佳那美

プロフィール

平成9年

山口県山口市生まれ

平成28年

山口県立山口高校卒業

令和2年

神戸大学法学部卒業

令和4年

東京大学法科大学院修了

司法試験合格

第76期司法修習(福岡)

令和5年

福岡県弁護士会に弁護士登録

特に関心をもって取り組んでいる分野

  • 離婚など夫婦関係、親子関係に関する紛争
  • 遺言、遺産分割・相続
  • 刑事事件、少年事件
  • 債権回収(売掛金回収、貸金返還など)
  • 借金のご相談(債務整理、破産・民事再生手続、消滅時効など)
  • 不動産トラブル(不動産取引、賃貸借関係、建物明渡請求、建築・工事・請負をめぐる紛争など)
  • 交通事故
  • その他損害賠償請求等

弁護士会活動

中小企業法律支援センター
倒産業務等支援センター委員会
研修委員会

仕事に対する思い

「弁護士は敷居が高い」というイメージがあるかもしれません。しかし、悩んでいることを話してみることで気持ちが楽になることもあります。あの人に相談して良かったと思っていただける親しみやすい、それでいて先を見据えた解決方法を共に考え抜くことのできる良きパートナーを目指しています。

自己紹介記事

-生い立ち-

山口県山口市で生まれ育ちました。
高校卒業まで山口市で過ごし、大学4年間は神戸、大学院2年間は東京と、田舎から都会まで幅広く暮らしました。
司法試験に合格し司法修習生になってから初めて、福岡での生活を始めました。
 
民事・刑事裁判修習は福岡地方裁判所、検察修習は福岡地方検察庁、弁護修習は、当事務所の迫田登紀子弁護士の下で行いました。
 
弁護修習中、迫田先生や当事務所の他の先生方から、ハンセン病違憲国賠訴訟や薬害肝炎訴訟、いじめ自死事件など、いわゆる少数派で孤独や深い悲しみを抱えている人々の人権・個人の尊厳を守る活動、国の制度や社会を変えるための活動に注力する姿を間近に見て学びました。
 
そこには、「将来こんな弁護士になりたい!」と思う姿がありました。
その姿に惹かれ、また福岡の暮らしやすさ・人の良さに惹かれて、私もちくし法律事務所の一員として、ちくし地域のお役に立ちたいと思い至るようになりました。
 
このご縁あって当事務所に入所し、今は、ちくし地域で生活しながら、みなさまのお困りごと・お悩みごとに耳を傾け、その根源を理解し、おひとりおひとりに応じた最適な解決方法をご提案できるよう、日々、奮闘しているところです。
 

-弁護士としての目標-

人や企業が、紛争のために削がれてしまった前向きのエネルギーを取り戻すことに尽力すること。
ご依頼者おひとりおひとりの人権を擁護し、なおかつ社会全体に目を向けられる弁護士になること(弁護士法1条)。
 

-みなさまへ-

弁護士の仕事は、「社会生活上の医師」と表現されることもあります。
今より豊かな生活を追及する仕事ではなく、紛争のために生じてしまった損害を回復する仕事であって、それも多くは金銭賠償という無機質な解決になります。
 
しかも、権利を害される人は少数派・孤独である一方、相手方は多数派・強大である場合がほとんどです。
そのため、誰にも言えず、一人で抱え込んでしまうこともあります。
 
「こんな小さなことを相談してもいいのか?」「自分の言っていることは間違っているのか?」と悩まれていませんか?
 
病気と同じで、紛争のために削がれてしまったエネルギーを回復するためには、早期発見が大切です。
お話しするだけで解決できることもあります。
ぜひお気軽にご相談にお越しください。
 
また、女性弁護士として、男性弁護士には話しづらい内容についても、ご遠慮なくご相談ください。